治療案内 大阪市淀川区、西三国の一般歯科・小児歯科・矯正歯科 オーダーメイド・スポーツマウスピース(マウスガード) せお歯科クリニック

大阪市 淀川区/三国駅 一般歯科からスポーツマウスピース せお歯科
大阪 マウスピース
治療案内
マウスピース
歯科医師紹介
スタッフ紹介
医院案内
アクセス
スペシャルページ
TEL 06-6399-6193
大阪市 淀川区/三国駅 一般歯科からスポーツマウスピース せお歯科
治療案内
スポーツマウスピース
ギャラリー
プライスリスト
歯科医師紹介
スタッフ紹介
医院案内
アクセス
求人案内
スペシャルページ
メディア情報
リンク
24時間受付WEB予約せお歯科クリニック facebookせお歯科クリニック スマホサイト スケジュール
診療時間
  9:00-13:00 14:30-19:00
mon
tue
wed - -
thu
fri
sat -
sun - -
アクセスマップ
せお歯科クリニック アクセスマップ
せお歯科クリニック
〒532-0006
大阪市淀川区 西三国 4-8-19
三国ビル2F
TEL 06-6399-6193

駐輪場あります。
院長にメールを送る
基本的なこと 歯をきれいにする 往診のこと コラム 症例レポート

治療案内

少しの可能性も見逃さず、自身の歯を残す治療を心がけています。
基本的には、経済的な負担の少ない保険の範囲内で行える治療を中心に治療計画を立てますが、症状によって本当にそれがベストであると判断される場合には、自費治療も視野に入れて提案しています。

どの処置にも、より治療過程、結果に満足していただけるように、しっかりと治療内容をご説明させていただきます。
ですから、治療についてご不明な点は、気兼ねなく、医師・スタッフに何でもご相談ください。

そして、お口のトラブルを改善することができたら、次からが本番。
トラブルを繰り返さない「予防」に取り組みましょう。

習慣付けられた予防によって健康になった歯で、いつまでも美味しく楽しく食事をしていただくこと、そしてそれによってあなたが笑顔でいてくれることこそが、「せお歯科クリニック」が目指す究極のゴールだと考えます。
せお歯科クリニック 治療案内

また2012年、ドイツで ケルン国際デンタルショーがあり、画期的な検査器具や、ドリルフリーでの治療ができるオゾンガスの機器等が紹介されました。
今後ホワイトニングをはじめ、歯科治療が大きく変わっていくように僕自身感じました。
せお歯科でも少しずつ発想を世界基準に合わせて機材や材料、治療を行っていきたいと思っています。

せお歯科クリニックのこぼれ話

世界最小の半導体レーザー NVレーザーを導入しています

NVレーザー
より良い治療を求めて
せお歯科クリニックでは患者さまにより良い治療をご提供するため、常に新しい技術を学び、開拓しています。そしてたどり着いた1つがNVレーザーです。

「歯周病」や「知覚過敏」の治療にこちらの半導体レーザーを使う事で、歯周病の原因菌を除去し、歯ぐきの再生回復を促します。
電気的な痛みがないため、治療中・治療後の傷みもほとんどなく、体への負担を最小限に減らすことが可能です。

レーザー治療って、本当に効果はあるの?
本当に痛くない??
そんな不安のある方はぜひ一度試してみてください。
レーザー治療イメージ

虫歯を作らないプロフェッショナルケア

せお歯科クリニックでは、歯科医院というものは、痛み出してからの「治療」のための場所ではなく、あらゆる口腔内トラブルの「予防の場」だと認識していただける医院作りを目指しています。
正確で安全な機材選び スピーディーで高いクリーニング効果
毎日の歯みがきだけでは中々防ぐことの難しいトラブルを、医院での専門家によるクリーニングケアで解決することができます。

歯周治療の結果で大きな影響力を及ぼすのは、歯と歯の間のプラーク(バイオフィルム)の除去と、その要因である歯石の除去です。

もちろん、患者さまごとにお口の中の状態は違いますので、一律の処置では完璧ではありません。

当院では、患者さま一人ひとりのお口の状態に合わせた処置と、その処置を実現する作業効率の高い機材の選択にこだわり、特に歯のクリーニングについては「バリオスシリーズ」の超音波スケーラーを採用しています。
バリオス
また今までは歯の表面を研磨する為に塩分の含まれたパウダーと水を使っていたため、「しょっぱい味」や「しみるような痛み」を感じることがありました。
これには塩分が固まり、機械が詰まりやすい、という管理側の難点もありました。

今回当院では塩分のパウダーの代わりに、カルシウム(カルシウムは自然と身体に吸収されます)ベースのパウダーと、専用の薬液を導入したことで、「独特の味」や「痛み」を改善しています。
プロフェッショナルケアのステップ
歯石の除去 パウダーポリッシング 仕上げ研磨 口腔内洗浄 ケア完了
従来はここで「しょっぱい・・・」とか「痛い・・・」というストレスがありましたが、改善できました。
定期的なクリーニングでお口の健康を維持しましょう。


こだわりの道具達 一部ご紹介

ペンキュア2000 歯間ブラシ
ページトップへ戻る
 

医院まで足を運べない方の為に

せお歯科クリニックでは通院が困難な患者さまの為に、訪問診療を行っております。

訪問地域は限られますが、ご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
ご近所、お知り合いの方でもし訪問診療を必要とされている方がおられれば、ぜひ、ご紹介ください。
お問い合わせは06-6399-6193


ページトップへ戻る

コラム 院長のつぶやき。

コラム 院長のつぶやき。


歯医者さんに来たら、気になっていることを色々聞いてください。
どんなことでも、知っていて損はありません。

「今さらこんなこと・・・」なんて思わないでください。
きっと、もっと自分の歯のことを考えるきっかけになりますよ!

ここでは、歯に関するちょっとしたお話を。
のんびりコーヒーでも飲みながら読んでみてくださいね。
歯医者さんにだって、虫歯はあります。 ホワイトニングと湯呑の話
歯医者さんの先生やスタッフは、普通の人より気をつけているから、虫歯はないんでしょ?
虫歯を削る痛みを知らないんでしょ?
と思われていませんか?

もちろん気をつけてケアしています。でも、歯科関係者の口の中にも虫歯はあります。
毎日ご飯を食べて、たまには歯磨きを忘れて寝てしまうことも・・・あるかもしれません。
だから、キュイーンと治療される側になることだってあります。また、虫歯をそのままにしておく場合もあります。

なぜなら虫歯にも腫瘍などと同じように「良性」「悪性」みたいなのがあるんです。
ほおっておいても問題のないタイプの虫歯もあるのです。
つまり誰しも虫歯はあるし、なんでもかんでも削って詰めれば良い!ということではないのです。
ホワイトニングはしてみたいけど、きっとどんどんどんどんお金がかかっていくんだろうな・・・芸能人はお金があるからできるんだ!!
と思われていませんか?
確かに初めの内は少しお金がかかってしまうかもしれません。でも、白さを維持する為にその後どのくらいのお金がかかってくるかは、その人次第なんです。

例えるならば「湯呑」
お茶を飲み終わってから、すぐに洗っていれば、茶渋はつきませんね。
でも、次の日に洗うとか、さっと水洗いするだけだと、茶渋に気付いてそれを落とそうと思ったときには、骨の折れる作業になりますね。
つまり、普段のケアをしっかりしていれば、次回の処置では少しの薬剤を購入するコストだけで済むということなのです。
逆に、日々のケアを怠っていると・・・一からやり直しですね。
歯って伸びるんです 一生懸命歯みがきしてるのに、歯ぐきが!!
例えば、歯医者さんに行きたくないと思っているうちに、虫歯だった歯が抜け落ちてしまったとします。
今のところ食べるのにも困らないから、そのままにしておきます。

仮にそれは上の歯だったとします。すると、その歯と噛み合うはずだった下の歯が、押さえられることがなくなったのをいいことに伸びるのです。
抜けてしまった歯の左右の歯も、ゆったりとした歯ぐきに傾きだします。
そして全体的に歯並びは崩れていくのです。

なんだか歯と歯の間の隙間が気になってきたあなたは、ようやく歯医者さんに行ってみます。
でもそのときにはもう、大掛かりな治療が必要になっているのです。差し歯を入れようにも、まずは邪魔をする歯をどうにかしなくてはなりません。
健康だった歯を削らなくてはならないかもしれません。

私は健康な歯を削りたくないので、そうならないように、たまには歯医者さんに立ち寄ってみてくださいね。
あなたは虫歯とか、歯周病とかになりたくないから、歯みがきを一生懸命しています。
なのに、なんか最近歯茎が減ってきたような気がする・・・
血は出てないけど、まさか歯周病!?ココもっとしっかり磨かなくちゃ!!!

そうして頑張っているうちに、あなたの歯ぐきはどんどん減ってきた気がします。
それはきっと意識するあまり、いつもより余計にその部分を磨いてしまって、その「歯磨きのせいで」歯ぐきが磨り減ってしまっているのかもしれません。

口の中の粘膜は、そんなに強靭には出来ていません。365日、ゴシゴシゴシゴシ磨き続ければ磨り減りもするのです。

歯医者さんでは、あなたに合った歯ブラシ選びと、正しい歯磨き方法を指導しています。

ぜひ一度、立ち寄ってみてください。 本当の原因や解決法が見つかります。
ページトップへ戻る

こぼれ話。~院長のヒミツ~

何を隠そう、私は「バー」マニアです!!

え・・・?バーって・・・・・??

「バー」とは歯を削るときに使うドリルの事です。
あらゆるサイズのバーを収集(一般的な歯科医師が使う本数の2倍以上)し、使い分ける事が趣味なのです。
そしていつしか周囲から「バーマニア」の称号を・・・

だから何?と思われるかもしれませんが、実は患者さま自身の歯を残すのに、とても大切なことなのです。

歯の形、虫歯の深さ、状態によって細かくバーを使い分け、虫歯の箇所だけをピンポイントに削ることで、なるべく歯や神経を痛めずに最大限「残す」治療が可能になります。

予防めにと、少し深めに歯を削り、素晴らしく「腕の立つ技工士」が、「最高の素材」で仕上げた詰め物やかぶせ物で補修したところで、やはり天然の歯に勝ることはできないのですから。
バーコレクションと院長
バーの数だけ患者さまへの思いを込めて。
 
ページトップへ戻る